--:--:--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
17:34:16
28

包丁の使い方

こんばんは~暖かいいいお天気でしたね(^。^)y-.。o○
今日は子どもお菓子教室…
りんごのおいしい季節になりましたので
りんごケーキを作りました。

とはいってもこのレッスンはりんごの皮をむくことを学びます。
包丁を使って皮をむき、薄くスライスします。

包丁の目的・使い方・安全な置き方・洗い方などなど~
もう注意して!って言っても言いつくせないことが満載でした(ふぅ~~)

りんご1個皮をむくのに子ども2人1組で約30分~かかります。
本人たちもものすごい集中力だったと思いますが、
切り終わって言った一言が「10分くらいで切ったと思ったのに~」
こんなに時間がかかっていたんだ~って驚いておりました。

本当だったらこちらで仕込んで、切ったものを出したいところ…
でもそれでは、何も経験ができません(>_<)
体験しないと結局どこを注意して、何が大変だったかということが
まったくわかりませんよね~

とにかく体験すること!これが何より一番感じとって大きな学びになると思っています。
こちらの方も汗をかきました(>_<)
切るための道具が包丁ですが、使い方を誤れば自分の手を切りますし
人に害を与えることもあります。
考えて使うということ、どんな使い方が安全なのかを知るということを体験して
くれたら嬉しいです。

作り終えると片付けです。
こんな風に古布を使って未就学児のお子さんも一生懸命片付けてくれます。
こども達はよく話を聞いてくれるのでこちらの頭が下がります。

DSCF2657.jpg

明日もう1日レッスンがありますので、私も学んだコト
大事にしていきたいと思います!


スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。