15:22:45
30

水無月

こんにちは。

「水無月」をご存じですか。
6月のことを水無月と表現するのは
もちろんですが。

和菓子の水無月。

6月30日に頂くお菓子だそうです。
実は私は全く知りませんでした。(;一_一)
お恥ずかしながら…(@_@;)

「夏越祓」(なつこしのはらえ)で
いわゆる暑気払いに頂くお菓子です。

この6月30日でちょうど1年の上半期が終わります。
この半年の罪やけがれを祓って残りの半年の無病息災を願うのだそうです。

水無月

外郎生地に小豆をのせて三角形に包丁されたお菓子です。
小豆は悪魔払いの意味。
三角は暑気を払う氷を表現しているそうです。

6月30日に頂くお菓子なのですが
今は5月位に入るとそれぞれのお菓子屋さんで
お店に置かれることが多くなるそうです。

昔の人は、季節、目に見えない気の流れ
心の変化をきちんと察して
心も体も元気に過ごそうと「時」を大事にして
いたのだな~と学びました。
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment