--:--:--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10:26:49
04

製菓学校子ども体験入学開催!

こんにちは。
2013年11月2日。
今年もエコール辻東京様のご協力のもと、
製菓学校子ども体験入学が開催されました!

今年で6回目を迎えることができました。
これもエコール辻東京様の先生方の温かい心の賜。

子どもたちに夢や希望いっぱいの気持ちを持って欲しい!
という願いのもと開催して頂きました。

今年もメインで準備して下さったのが舩橋先生。
本当に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
では素敵な舩橋先生からご紹介。

体験入学の様子もご紹介させて頂きますね。

舩橋先生

今年は
「ウィーン風アップルパイ」と「三日月型のバニラクッキー」を
教えて頂きました。

子どもだけでなく、大人(保護者様)も子ども目線で同じ実習を
体験して頂けるよう内容を盛りこんで頂きました。

保護者様

初エコノム

土口先生
オーブン

お菓子作りは、作った生地をねかせる時間も必要。
その間にできる作業、クッキーの生地を成型したり、焼成したり。
休む間もなく効率よく作業を進めます。

結構頭も体も使うハードなお仕事なのです。
これも経験しないと分からないものですよね。

生地のばし
↑アップルパイのねかせておいた生地を丁寧に延ばしていきます。

生地のばし保護者様
↑のばした生地を巻いていきますが、大人も苦戦です。
子ども達の方がサクッとこなしているかも…。

仕上げ
↑焼きあがったクッキーの仕上げも忘れずに。

皿盛り
↑各テーブルで先生から皿盛り大賞をつけて頂き、
 大賞の子どもにはプレゼント付でした!

レシピ
↑今日の作業のレシピも頂きました♪

あっというまの3時間近い体験でした。
子ども達はあと言う間だっだ~と長時間にも関わらず
本当に最後まで笑顔でやりぬきました。
こういうところは子どもたちって凄いな~と感心します。

子どもたちがどんなことを感じながらこのお菓子を作るのか。
そんなことを考えるともっと楽しませてあげたい!と思います。
せめて大人はそんなコトを少しでも理解する努力が大事だな~と痛感します。

子ども達一人一人が自分で感じたコト、経験したコトこれを土台に
自分で自分の道を切り拓いてゆくのですから。
百聞は一体験にしかず。
少しでも何かの足しになったら嬉しいです。

その子ども達から学ぶべきは、大人の方だからです。

体調を崩す子どもや怪我や事故もなく、最後まで元気に
体験入学をさせて頂けたことが何より有り難く、感謝の気持ちでいっぱい。

ご参加頂いた子ども達・保護者様に感謝申し上げます。
そして、快く子どもたちを引き受けて下さったエコール辻東京の先生方
山崎先生・大川先生・舩橋先生・山本先生・土口先生
在校生のM君・Tさん・Aさん。。。
本当にありがとうございました!!!










スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。